日焼けした肌にも施術可能なダイオードレーザー

ダイオードレーザーと他の医療レーザーとの違い

医療レーザーと一口に言っても、その種類は様々です。アレキサンドライトレーザーやヤグレーザーなどがありますが中でもダイオードレーザーが注目されています。ダイオードレーザーは特にこれから脱毛にチャレンジしてみようと思っている人に向いているとも言われています。その理由は、他のレーザーに比べて痛みが少ないからです。もちろん、人によっては若干の痛みを感じる可能性もあります。しかし他のレーザーが比較的強い痛みを伴うのに対して、わずかにチクッとする痛みで済むことが多いのです。また、日焼け肌にも施術が可能ですし産毛も見逃さずに脱毛できます。さらに、アレキサンドライトレーザーよりも波長が長いので肌の奥深くまで照射が可能です。

ダイオードレーザー式脱毛機の種類

ダイオードレーザーにはショット式と蓄熱式の二つがあります。ショット式と言うのはレーザーを照射して毛根を破壊するもので、文字通り皮膚に光をショットします。上述の通り、人によっては痛みを伴うこともありますが、その箇所は主に敏感なデリケートゾーンだと言われています。ショット式で脱毛をしたことがあるひとのなかには、確かにデリケートゾーンに限ってピリッとした痛みを感じたことがあるという人もいます。ただ、すぐに痛みは引いていくのでほんの一瞬だけ我慢をすれば問題はありません。蓄熱式はエネルギーの小さなレーザーを連続して照射して毛根に熱を蓄えて脱毛するものです。じわじわと脱毛する仕組みのため、肌トラブルが発生する可能性は高くはありません。